kowuyamの日記

どうにか生きていきます。

過保護のカホコと、理想と現実。その先にあるもの。

過保護のカホコ、第一話を観ました。

前半は、なんだこの異次元世界は。。という感じだったのですが、

最後の、カホコがどんな仕事をしたいか、と気づく場面で不覚にも、うるうる。

「誰かを幸せにする仕事がしたい。」

きっと私にしか出来ない仕事があるはず、と続く。

 

私も、そうだったなぁ、と思い出しました。

基本的に病院で働く仕事は、誰かの怪我や事故や、

そういうできれば避けたい事象の後に成り立っていて。

誰かの不幸の上に成り立ってるんだな、と思ったこともある。

それでも痛い思いをしたり、病気になったあと元通りにするために、

元には戻らなくても、その人がその人らしく、

病気や事故なんてなかったみたいに、生きていけるようにするためのお手伝いをしたい、と思ってた。

今でも、その気持ちに大きく変わりはない。

 

でも、病院でばりばり働いていた舞台から、私は一度下りざるを得なくなって、

今は毎日、第一線で働くうさぎさんの後ろ姿を見ている。

彼は私が一年目の時に既に五年目、今では八年目で役職がついていて、

今彼の在籍する通所の事業所に、理学療法士は、彼一人。

私には見えないものが、きっと彼にはたくさん見えている。

就職前に、この道で生きてみようと思えた時に、側にいてくれた人であり、

そういう道もあるのか、と教えてくれたひと。

根っこの部分では、私と大きくは変わらないひと。

でも話を聞いていると、一人で出来ることの限界ばかりを感じている、ように思う。

 

患者様を見た時に、ああこの人は、こうすればきっとここまでは良くなる、とわかる。

どうすればいいか、少しは経験も知識も技術もある。

だけど五十人弱の利用者様に対して、資格を持つセラピストは自分一人。

そこにどれくらいの、絶望があるのだろう。

新人の頃は、先輩のように結果が出せなくて、教えてもらったり空き時間を作ってもらい見学したり、

休みの日は勉強会に行ったり、必死だったけれど、ある意味では明確なゴールがあった。

その先に、あるもの。

誰かの幸せをつくる手伝いをしたい、誰かの役の立ちたいと願う、その先にあるもの。

時間も資源も人手も限られた中で、理想を通すその方法。

 

きっとこの問いに、明快な答えはない。万人に共通の答えもきっとない。

私もまたいつか、きっとそこにいきたいと思う。戻れたらと思う。

それまでに、考え続けていきたいと、思ってる。

なぜ私が、結婚したいと思えないのか。

就職して2年目に知り合い、とても可愛がっていた後輩に、子どもが産まれた。

心から、お祝いを贈る。

 

1年後輩の彼は、お日様の様に、よく笑う子だった。見るからに体育会系で、感動屋さんで、おじいちゃんおばあちゃんにも、先輩にも誰からも好かれて、でもいじられ役が多くて。

目鼻立ちが整っていたけれど、男ばかりの環境だったから出会いがないんですよ、とよく笑っていた。彼女ができないとか、卑下する様なことは言わない子。

一緒にアルティメットをするようになり、何年か成長を見ていた。

そんな彼が職場の伝手で女性と知り合い、子どもができたタイミングで結婚を決め、新婚旅行にお腹が膨れた奥さんと沖縄に行き、今月、子どもが産まれた。

最近会えなかったけれど、SNSでずっと、そんな彼の動向を見ていた。

 

同い年の、知り合って10年くらいになる友人達が立て続けに結婚した時も、うさぎさんとの共通の知り合いが結婚したときも、正直なところ、そうかーもうそんな時期になったのかあ、くらいにしか感想はなかったのだけど。

後輩に子どもが産まれたと聞いて、まず最初に思ったのは、

わたし、焦らないなあ、ということだった。

 

幸いなことに、うさぎさんも結婚したい、と言ってくれている。

結婚したら、今の一緒に住んでいる状況からどう変わると思う?と冗談交じりに返したら、子どもが欲しいから、と返ってきた。

彼は元々子どもが好きなのだけど、私が前に、いつか脳梗塞で倒れた祖母に、曽孫を見せたいと言ったことを、覚えているらしく。

要介護5がついて施設に入所している祖母に会わせるなら、早いに越したことはないからね、と笑った。

 

存在を望んでくれる、誰かがいる。

私との子どもを望んでくれて、

その子を誰かに会わせたいと、はっきり願ってくれる人がいる。

 

なのに私はなんで、結婚したいと思ったりしないのだろう?

 

思えば小さい頃から、結婚に対する憧れは、全くなかった。

中学生くらいで恋人ができ始め、将来結婚しようという可愛らしい約束さえも、微笑むしか返事をしてこなかった。

 

両親が、離婚しているから?

小さい頃から、父に叩かれて育ったから?

今も、存在を望まれていないから?

周りに離婚した人が多いから?

元男性恐怖症だったから?

結婚を決められるほどの付き合いをしていないから?

きっかけがわからないから?

 

わからない。

いつか、自分にも、憧れって感情は育つのだと思っていたのだけど。

子どもは、好きだし一度は産んでみたいと思うのだけど。

 

わからない。

 

今、カウンセリングにて、その問題も解きほぐそうとしているところ。

 

でも未だに、わからない。

わかる日が来るのかも、わからない。

梅雨の訪れ。

目を閉じる。息を吐く。

最近、そういうことに意識が向けられるようになってきた、と思う。

 

今日も実家のある千葉に帰って来ています。

受診は滞りなく、変わりなく。

病気になってから、悪化していないという視点に、心から気づけた気がする。

天候の変化にすごく左右された春先とは違って、

気圧の変化に一喜一憂することも少なくなり。

バイトは無理なく続けられていて、終わった後に少し出かけることが出来るようにもなってきて。

まだ半日だから、次のステップとしては、フルタイム勤務なのだろうな。

 

明確に、外的にも目標が出来てきたからか、

少し、今までのことを振り返る余裕が出てきた気がする。

でも何度考えても、時間を戻せたとしても、

きっと私は今と同じ、選択をするのだろう。

 

そう思いつつ、明日茨城に帰る電車が、停まったりしないことを祈ります。

 

しかし今日は、湿度がすごい。エアコン嫌いとか言っていられない、なぁ。

外にいるだけで息が苦しい。

台風が、この湿度を連れ去ってくれますよう。

 

最近の出来事。

毎日が、滞りなく流れているといえば、流れている。

 

寝付きは悪くないけれど、明け方は何度か目が覚めるので、

二度寝できなければ、ニュースや本を読んで過ごす。

7時半に、うさぎさん起床。2日に1回は、朝ごはん当番。

彼が出勤するのを見送って、洗濯と片付け。ベランダのトマトとナスに水やり。

洗濯物や布団を干して、小休止。

掃除をしながら夕ご飯に献立を考えて、歩いて買い物。

帰って、ご飯を作って、出来上がった頃に、うさぎさん帰宅。

一緒にテレビやニュースを見たり、お風呂に入ったり、ゲームでマルチプレイをしたり。

日付が変わるか変わらないかの時間に、就寝。

その、繰り返し。穏やかな日々。

 

2週間に一度は心療内科の受診のために、実家に帰る。

特急を使って、1時間半くらいの距離。

病院を茨城に変えないのは、いつかは千葉に戻ってくるであろうことと、

主には母を安心させるため。

実家でも近年稀に見る大事件があり、

今、高校生の従兄弟を引き取っていて、

母と妹の二人暮らしに、陸上部所属の高校生男子が増えたことで、

家事負担が倍増している。

私も実家に帰るたびに、従兄弟に裁縫や料理を教えているのだけど、

なかなかそれまで家事をしたことがない子にレベルは求められず。

職場が変わった母への負担が大き過ぎるので、帰っては家事に勤しんでいる。

 

実家に起きた事件のことは、まだ執着していないのと、

流石に私ですらSNSに書くのを控えるレベルの事件で。

早い終息を望む。まさか、家庭裁判所とかについて調べる日がくるとは思わなかったな。。

 

そんな日常。

先週の月曜日からは、バイトも始めました。

うさぎさんの家から歩いて10分弱の、個人経営のケーキ屋さん。

医療職以外に接客をしたことがなかったから、接客をしてみたかったのだけど、

今はもっぱら製造のお手伝い。

一番下っ端になることも、バイトをすることも、久しぶりすぎて新鮮。

生まれて初めてのー立ち仕事なので体力的には慣れずしんどいですが、繁忙期ではないので、

半日から慣らしてもらえていて、幸い。

早く、1人でケーキとか作れるようになってみたい、かな?

 

やっぱり書き出すまでは1つ段差を超えなくてはならないけれど、

書いてみると、落ち着く。

できるだけ、日記、書こう。

f:id:kowuyam:20170623173554j:image

 

 

 

携帯を変えてもらった話。

スマートフォンのバッテリーの寿命は、およそ2年くらい。

そう聞いてたし、実際に私もそのくらいのスパンで携帯を変えていた。

のだけれど。

うさぎさんのスマホは、使い始めてかれこれ5年程になるという。

性能というか、状態もすごい。

充電しながら何かをすると、電池が減る。

ゲームしていると、ダウンロードでバグが起きたり、我らが愛する消滅都市でカクカクしまくる。

プレイさせてもらったことがあるけれど、それはもうすごい。

ジャンプしてるのに飛ばないなんて序の口。スフィア取ってるのに認識されないとか普通。

私からしたら、正直、骨董品のレベルだと思うし、

バイスやツールにストレスを与えられるのが、生理的に耐えられないレベル。

彼の「携帯がカクカクしてできなかった。。!」を聞き飽きた私は、

先週末、半ば強制的に、携帯を変えてもらうことに成功致しました。。。!!

 

色々調べて希望を出してもらったのは、5月下旬に出た、Xperiaの新作。

選りに選って出たばっかりのやつか、という気持ちより、どうせなら新作だろ、という気持ちが勝る。

千葉から茨城まで車で帰りつつ、お店には5件ほど寄ったかも。結果はどこも取り寄せ待ち。

ドコモショップには在庫があるかも、と言われたけど、

確認してみたら、在庫はあれど手続き2時間待ち。平日なのに。

半ば諦めながら入った、私の牙城ワンダーグーにて、残り1台となってるのを発見!

あれほどオアシスを見つけた気分になったのは、最近ついぞなかった。

受付のお姉さんがすごく仕事ができて早くて大満足。

 

帰ってバックアップやら何やらしたのだけど、

今月で齢29歳になるうさぎさんが、電子機器にめちゃめちゃ弱いことが判明。

ゲーマーなのに。。!タイピングは私よりずっと早いのに。。。!

まあ、彼はゲーマーなのだけど、萌えの文化を全くわからないらしく、

決してヲタクにはなれないと言えばなれないから、ある意味納得なのだけど。

攻略がしたくてゲームを種々やりこむタイプ。

互いの嗜好を理解しあえる日は、通そう。

 

意外な一面を知り、バックアップやら設定やらは一緒にやりました。

私、筋金入りのiPhoneユーザーなのに、こんなところでまさかのAndroid勉強中。

両方に毎日触れている立場から言うと、iPhoneはやはり、マニュアル全く開かなくても、

それなりに使えるのは、魅力ですよね。デザインとは、かくあるべき。

説明が必要なサービスは、理想からは遠い。

 

そんな感じで、新しいおもちゃが増えて、充実している私のネット生活です←。

ポケットWi-Fi も届いて、我が人生に悔いなし。f:id:kowuyam:20170601154837j:image

恋と生活。

マクドナルドのフリーwifiの使い方を学んでから(会員登録が必要だった)、

かれこれ3日ほど、マックに通い詰めています。

この時間は、学生さんが多いけど、私みたいに1人で来る人は、色んな年代の人が多い。

午前中に家事を終えてから、お散歩をして、wifi天国に浸る日々。

iPadiPhoneの2台持ちなので、今も最近やり始めたwifi繋がないと出来ないFGOをしつつ、

インスタやツイッターを回遊しつつ、ポケモンGOポケストップ回しつつ、手紙を書いたり、

ラジオを聞いたり読書したりドラマを観たり。大体2つ以上のことを同時にしてる。

非常に楽しい。わりと本気で、電脳世界で生きたい。

 

昨日は、うさぎさんと、うさぎさんの職場の人達と4人でごはん。

うさぎさんは、酔うと私をお友達に会わせたがる。

お友達のうちの1人は最近婚約と同棲を始めたばかりで、

今日は彼女さんが夜勤だから来たらしいのだけど、

つい先日、彼女さんがストレスで倒れて、救急搬送されたという話を聞いていた。

私がまだ会ったことのない彼女さんは、話を来たところによると、

同棲に当たって、貯金や家事などのそれまでの実家暮らしの生活水準が落とせずに、

1人でストレスを溜め込んでいるような感じだった。

周りがやっているから、自分もやらなきゃ。

そうやって頑張りすぎている彼女さんを見かねて、

今は互いに実家に帰る時間を意図的に作ろうとしていると。

お友達は、とても自分を責めているような、実際に誰かから責められているような感じだったけれど、

それは、おかしくないですか?と思わず言ってしまった。

 

その彼は、私も4年前から知っているのだけど、

同棲にあたって、彼女の帰りを待ってご飯を作っていたり、率先して家事をしたり、

習慣になっているパチンコ通いも激減させて、休みの日は一緒にいたがる彼女さんに合わせて、

1人の時間もかなり減らしたように見えたからだ。

もし生活を変える心の準備が出来てないなら、

いま結婚しないという選択も出来たわけでしょう?と言ったら、

全てわかっているように彼が微笑んでいたのが印象的だった。

 

結婚は、自分の全てを与えられるし、相手の全てを奪えるもの。

私の結婚相手の条件は、「相手が脊損になっても一生面倒をみようと心から思える相手か」

「私に何かがあった時に、子どもや家庭を託せる相手かどうか」です。

躊躇いもなく口にできる今を、少し誇りに思う。

f:id:kowuyam:20170517174805j:imagef:id:kowuyam:20170517174812j:image

 

初めての、落とし所のわからない喧嘩。

昨日はうさぎさんが早く帰ってきてくれて、

しらすのバター醤油パスタを一緒に作った。

私が作っておいた、鶏のねぎ塩焼きと、コーンと玉ねぎのスープと、

キャベツときゅうりを切って、いぶりがっこのタルタルソースと、野菜味噌で食べる。

おいしかった。お腹いっぱいになって、ポケモンGOを片手に夜のお散歩。

たまにある、うさぎさんが早く帰って来た時の光景。

 

事件が起きたのは寝る直前で、うさぎさんの携帯に、電話がかかって来た。

私は直接の面識はないのだけど、彼の異動前の看護師さんから。

この時点で、24時少し前くらい。

看護師さんはたまに電話をかけてくるのは知ってたけれど、こんな遅い時間は珍しくて。

でもいつも通り、職場の他の人の愚痴だったり、今度また飲もうと話をしたりしてた。

終わったのは、1時間と少し、経った頃だったろうか。

私は途中まで待っていたのだけど、飲んでる薬の関係で、眠くなった時に布団に入らないと眠れなくなってしまうので、布団で待ってた。

職場の人と話をする時は立て続けに煙草を吸ううさぎさんが戻って来て、興奮してたのか、どんな話をしてたのか、教えてくれた。

ひとしきり話を聞いて、少し黙っている私をおかしいと思ったのか、どうしたの?と聞くので、

色々思うところはあれど、この時間帯に電話をするのは、あまり日常的にしないでね、とだけ答えた。

そしたら、珍しく、なにそれ、と食ってかかる彼。

どうも、看護師さんとの関係を、否定されたように感じたらしい。

そこから、口論をそのままにすると必ず不眠になる彼の希望で、話し合い。

 

彼は、私のことは大事だけど、看護師さんやその周りの人も大事で、

関係を切れってこと?

今回の電話は、自分にとってはすごくタイミングが良くて、すごく救われたのだけど。

私は昼間に友達と電話したりしているけれど、仕事をして来た自分は、

そういう風に電話をする時間はいつ持ったらいいの?と。

 

私は、深夜と言える時間に、緊急の用事以外で短くない時間電話をするのは、

正直日常的にはやってほしくないこと、でも一番言いたかったのはそれではなくて、

電話のやりとりの中で、あらかじめ私との約束があった彼の誕生日に、

なんだか私の存在も意向も無視して飲み会の計画を話していたことが、とても、悲しかった。

彼が出かけてくるなら、私が実家に帰るのもありだけど、彼は誕生日の夜には一緒にいてほしいという。私との約束を蹴って飲みに行く人の帰りを、家で1人で待ってなきゃいけないの?

私はなんなの??私の存在は、言うのも恥ずかしいような存在なの?

 

一番悲しかったことを伝えることで、ようやく納得したらしく、ごめんね、と謝ってくれたけれど、

正直、珍しくも、翌日である今日ももやもやしている。

理解したいから、ちゃんと気持ちを伝えてねと言ってくれたけれど、

そのくらいの機微は、言わなくてもわかってほしいと思うのは、

私の、我儘ですか?

 

今日はあんまり、彼からのLINEを待ちわびない日。はじめてだ。