kowuyamの日記

どうにか生きていきます。

学生恋愛からの結婚を躊躇っている理由。

もはや彼氏に話す下書きな気もする…!

私は今、1年前の自分が惹かれた将来の自分に近づくために、静岡まで来ていて。1年暮らしてみて、気候は温暖で人も優しくて暮らしやすいけれど、実家に住んでたときみたいにゆるゆると毒気が抜けて行くのを感じています。毒気かどうかはわからないけれど、最前線で働き続けるために、自分を磨き続けるために、上にいくためには不可欠な私の原動力。そんな私の毒が、抜けてしまう。
毒、と言ったら誤解があるかもしれないけれど、専門時代ずっと憧れていた神経学の先生の目の中にあった強い光。常に命と向き合うひと、最前線にいるひとだけが持っていた目力や回転の速さ。なにより一瞬も弛緩しない大きな背中。
私はそれが欲しくて、憧れた先生達に近づきたくて、ここに来たから。

まだ何も、してないんです。
まだ何も、できないんです。
この道をずっと進んだら、君と一緒に憧れた背中になれそうな気がするから、今は、まだ。
だから、まだ、ごめんね。もう少し。