kowuyamの日記

どうにか生きていきます。

震えるほど激怒した話。

流石に身内の話だから、こうして書くのは辞めようと思っていたけれど、私のメンタルがもう限界です。

 

事が起きたのは四月。

今までほとんど関わりのなかった、母方の従兄弟が急に家を訪れました。

びしょ濡れの衣服が入った段ボールを抱えて。

叔父は一度奥さんと死別して、再婚。

その従兄弟は前の奥さんとの子で、連れ子同士で再婚していたのだけど。

叔父自身は単身赴任で遠方にいて、従兄弟だけが再婚嫁宅で暮らしていて。

再婚嫁が体調を崩し、経済的に叔父と揉めているのは知っていたけど、まさかこうして子どもを放り出すとは私達も思わず。

祖母は重度の脳梗塞で施設に入所、祖父は施設の隣のケアハウスにいるため、母が従兄弟を一時的にといって引き取りました。

 

そこから泥沼の話し合いがあり、叔父夫婦の離婚が成立。

祖父母の通帳を再婚元嫁が手放さず、弁護士を立てようと提案したけれど、優柔不断な叔父は多分今でも動いていない。

 

そうして単身赴任が開けた叔父は、拒否する我が家の意向を無視し、我が家に転がり込んできました。

従兄弟と離れたくないからと。

今まで従兄弟が、虐待紛いの扱いを受けていたのを見て見ぬ振りをしていたのに。

 

そうして母と妹がじわじわとストレスに耐える生活を送っていた矢先、母のガンの再発が判明。ベッドが空き次第、即入院手術、術後1ヶ月の放射線治療が確定。

気丈にしていた母も、1人になる時間があるたびに私に電話をかけてきます。

とりあえずムンテラ日と、術日前後はバイト休みが取れるように交渉する予定。

医療関係者は、身内で母と私だけだから。

 

私も最近眠れず、限界を感じるので今日叔父に連絡を取りました。

ストレスの元凶になにも関わらずいてほしくなかったから。

そうしたら、元々今居る家は自分の持ち家なのだから、出て行くのはそちらだ、と。

姉が病気になったのは、自分が来る前の話だ、と。

わかりました、とだけ伝えました。

お金は払って居る、と彼は言っていたけれど、維持費だけで生活費が払われないと母が言っていたことを、私は知っています。私の認識では、ヒモでしかない。

 

久しぶりに、激怒しました。

叔父は自分から勘当状態のようなものに入ったので、私が成人してからまともに会ったもので。面識はほぼなく、会話にも上ったことがなかったのだけど。

 

改めて、血の繋がりだけでは家族なんかではないと、思いました。

手が震えるほど激怒しているので、言葉が汚かったらごめんなさい。

これほど怒ったのは、従兄弟が虐待紛いの扱いを受けていたと知り、それを叔父が放置していたと聞いた時以来。

私の父も酷かったけど、お互い大変だね、と会話したのが従兄弟とのはほぼ初めての会話でした。

 

ああ、どうして母の人生は、こんなになってしまったんだろう。

わかりません。

とりあえず、母の入院に備えて、保険の件で奔走します。やることがあって、よかった。

 

金銭的に母を助けられないことが、

とても、とても、悔しい。