kowuyamの日記

どうにか生きていきます。

初めての、落とし所のわからない喧嘩。

昨日はうさぎさんが早く帰ってきてくれて、

しらすのバター醤油パスタを一緒に作った。

私が作っておいた、鶏のねぎ塩焼きと、コーンと玉ねぎのスープと、

キャベツときゅうりを切って、いぶりがっこのタルタルソースと、野菜味噌で食べる。

おいしかった。お腹いっぱいになって、ポケモンGOを片手に夜のお散歩。

たまにある、うさぎさんが早く帰って来た時の光景。

 

事件が起きたのは寝る直前で、うさぎさんの携帯に、電話がかかって来た。

私は直接の面識はないのだけど、彼の異動前の看護師さんから。

この時点で、24時少し前くらい。

看護師さんはたまに電話をかけてくるのは知ってたけれど、こんな遅い時間は珍しくて。

でもいつも通り、職場の他の人の愚痴だったり、今度また飲もうと話をしたりしてた。

終わったのは、1時間と少し、経った頃だったろうか。

私は途中まで待っていたのだけど、飲んでる薬の関係で、眠くなった時に布団に入らないと眠れなくなってしまうので、布団で待ってた。

職場の人と話をする時は立て続けに煙草を吸ううさぎさんが戻って来て、興奮してたのか、どんな話をしてたのか、教えてくれた。

ひとしきり話を聞いて、少し黙っている私をおかしいと思ったのか、どうしたの?と聞くので、

色々思うところはあれど、この時間帯に電話をするのは、あまり日常的にしないでね、とだけ答えた。

そしたら、珍しく、なにそれ、と食ってかかる彼。

どうも、看護師さんとの関係を、否定されたように感じたらしい。

そこから、口論をそのままにすると必ず不眠になる彼の希望で、話し合い。

 

彼は、私のことは大事だけど、看護師さんやその周りの人も大事で、

関係を切れってこと?

今回の電話は、自分にとってはすごくタイミングが良くて、すごく救われたのだけど。

私は昼間に友達と電話したりしているけれど、仕事をして来た自分は、

そういう風に電話をする時間はいつ持ったらいいの?と。

 

私は、深夜と言える時間に、緊急の用事以外で短くない時間電話をするのは、

正直日常的にはやってほしくないこと、でも一番言いたかったのはそれではなくて、

電話のやりとりの中で、あらかじめ私との約束があった彼の誕生日に、

なんだか私の存在も意向も無視して飲み会の計画を話していたことが、とても、悲しかった。

彼が出かけてくるなら、私が実家に帰るのもありだけど、彼は誕生日の夜には一緒にいてほしいという。私との約束を蹴って飲みに行く人の帰りを、家で1人で待ってなきゃいけないの?

私はなんなの??私の存在は、言うのも恥ずかしいような存在なの?

 

一番悲しかったことを伝えることで、ようやく納得したらしく、ごめんね、と謝ってくれたけれど、

正直、珍しくも、翌日である今日ももやもやしている。

理解したいから、ちゃんと気持ちを伝えてねと言ってくれたけれど、

そのくらいの機微は、言わなくてもわかってほしいと思うのは、

私の、我儘ですか?

 

今日はあんまり、彼からのLINEを待ちわびない日。はじめてだ。