kowuyamの日記

どうにか生きていきます。

恋と生活。

マクドナルドのフリーwifiの使い方を学んでから(会員登録が必要だった)、

かれこれ3日ほど、マックに通い詰めています。

この時間は、学生さんが多いけど、私みたいに1人で来る人は、色んな年代の人が多い。

午前中に家事を終えてから、お散歩をして、wifi天国に浸る日々。

iPadiPhoneの2台持ちなので、今も最近やり始めたwifi繋がないと出来ないFGOをしつつ、

インスタやツイッターを回遊しつつ、ポケモンGOポケストップ回しつつ、手紙を書いたり、

ラジオを聞いたり読書したりドラマを観たり。大体2つ以上のことを同時にしてる。

非常に楽しい。わりと本気で、電脳世界で生きたい。

 

昨日は、うさぎさんと、うさぎさんの職場の人達と4人でごはん。

うさぎさんは、酔うと私をお友達に会わせたがる。

お友達のうちの1人は最近婚約と同棲を始めたばかりで、

今日は彼女さんが夜勤だから来たらしいのだけど、

つい先日、彼女さんがストレスで倒れて、救急搬送されたという話を聞いていた。

私がまだ会ったことのない彼女さんは、話を来たところによると、

同棲に当たって、貯金や家事などのそれまでの実家暮らしの生活水準が落とせずに、

1人でストレスを溜め込んでいるような感じだった。

周りがやっているから、自分もやらなきゃ。

そうやって頑張りすぎている彼女さんを見かねて、

今は互いに実家に帰る時間を意図的に作ろうとしていると。

お友達は、とても自分を責めているような、実際に誰かから責められているような感じだったけれど、

それは、おかしくないですか?と思わず言ってしまった。

 

その彼は、私も4年前から知っているのだけど、

同棲にあたって、彼女の帰りを待ってご飯を作っていたり、率先して家事をしたり、

習慣になっているパチンコ通いも激減させて、休みの日は一緒にいたがる彼女さんに合わせて、

1人の時間もかなり減らしたように見えたからだ。

もし生活を変える心の準備が出来てないなら、

いま結婚しないという選択も出来たわけでしょう?と言ったら、

全てわかっているように彼が微笑んでいたのが印象的だった。

 

結婚は、自分の全てを与えられるし、相手の全てを奪えるもの。

私の結婚相手の条件は、「相手が脊損になっても一生面倒をみようと心から思える相手か」

「私に何かがあった時に、子どもや家庭を託せる相手かどうか」です。

躊躇いもなく口にできる今を、少し誇りに思う。

f:id:kowuyam:20170517174805j:imagef:id:kowuyam:20170517174812j:image